羽子板、破魔弓の意味、由来を詳しく

羽子板 押絵, 作り方について

羽子板 押絵, 作り方について

押し絵羽子板とは、人物・花鳥などの絵を部分ごとに切り離し,綿で立体感を出し,美しい布地で包んで厚紙や板にはったもの。こういった技法で、作られた羽子板のことを言います。他には、木目込み式これは、中身となる型に筋を入れておき、そこに布地を木目込んで作る技法の板。プレス式とは、字型となるボール紙などと一緒に生地を圧着してしまう手法です。押し絵の羽子板が羽子板の中では、丁寧な仕事の羽子板とされ値段的にも高価なものとなりますが。現在ほとんどがこの押し絵技法で作られたものを販売しております。値段が極端に違う場合違った作り方で作られたものの可能性もありますので、ご確認戴いた方が良いかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です