羽子板、破魔弓の意味、由来を詳しく

羽子板販売、 メーカーやブランドについて

羽子板販売、 メーカーやブランドについて

羽子板の販売に関わるメーカー、及びブランド

 

我々の業界では、ブランドという表現が当たるかどうか分かりませんが、

名人と呼ばれるような職人の昔から変わらぬ工芸品、羽子板の技術の中にモチーフとなる図案

を羽子板の形に切り取り後ろから見てもきれいに収まるよう計算してあるという造形美に対して

の見えない工夫があります。

また説明を受けなければ気がつかないと思いますが、髪の毛が絹糸(絹スガ)であったり派手さ

は、ないが、上質な絹織物を使っていたり、板自体も等級の高い桐板だったりという、職人の粋

を感じる品物と、現代の販売を意識した豪華で、かわいらしい、一般人気商品と大きく分けられ

ると思いますが、どちらの品物も両方取り扱っております。

両方の良さを見比べた上で、お求めください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です