羽子板、破魔弓の意味、由来を詳しく

羽子板 ケースの 紐について

羽子板 ケースの 紐について

現在の羽子板ケースは、飾り紐が付いていないものが多くついているものが少ないというのが

現状です。ほとんどのものが、PPバンドで、結束機で絞めてしまいます。

扉ケースの場合は、ケースの柱を持って、移動して頂けば、なくても大丈夫かと存じます。

またついていない方がすっきり見える部分もございます。

かぶせのケースの場合は、PPバンドを切ってしまいますと持ち運びには不中が出ますので、

その場合は、販売店の店頭でお買い求めの折にお尋ねいただくのが一番よろしいかと存じま

す。

後からでは、用意できないお店もあると思いますので、紐の事だけでなく修理についてもご相

談しておくべきと思います。

よそ店で買ったもので申し訳ないが修理して欲しいというお客様が意外に多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です