お知らせ

投稿日: カテゴリー 新着情報

メディア掲載のご紹介 ▶産経新聞 川岸 等 記者取材

メディア掲載のご紹介 ▶産経新聞 川岸 等 記者取材

雛人形つくり 制作追い込み 栃木県佐野市 雛人形 吉貞人形11月8日掲載記事

以下掲載記事の転載

ひな人形心込めて

一定期間だけ需要のある商品「際物」で知られる佐野市で老舗人形店では桃の節句に向けひな人形つくりに追われている=写真(川岸等撮影)

 

佐野市は古くから、ひな人形やこいのぼりなど際物つくりが盛んな地域。

「吉貞人形工房」(同市植下町)ではひな人形販売のピークとなる1、2月に合わせ、現在作製作業の忙しい。

同店は創業100年の老舗で、手作りの伝統を守っている。

胴体はワラで固めて作り、十二単などの衣装は柄合わせをする念の入れようだ。

吉田哲也社長(56)は「ひな人形は厄災を引き受ける大切な役割を持つ。気持ちを込めて丁寧に作ることを心掛けている」と話している。


平成 30年 11月 8日 記事 掲載

 

取材を終えて。

今回は新聞大手2社からの取材があり、

当工房としても自身の工房だけではなく

節句人形を取り扱う古くからのメーカー、職人、かかわるスタッフすべての方が

丹精込めた人形を初節句を来年に控える多くの新しい命に対してお届けできるよう

文化の継承として役に立てればと思います。

この度は産経新聞社、川岸記者ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です