お知らせ

投稿日: カテゴリー 新着情報

平成28年、佐野市、芦屋町交流事業式典に於いて、佐野市から記念品として・・・

平成28年、佐野市、芦屋町交流事業式典に於いて、佐野市から記念品として贈呈

栃木県佐野市は、有名な鋳物の産地で、佐野で作られた鋳物製品を天明(命)鋳物と呼ぶ。約1200年前鍋釜などの生活用品から始まり、室町時代頃からは、寺院の鐘や仏像、茶の湯釜など、優れた工芸品が作られた。昨今の鋳物不振によって後継者が減少し、貴重ない鋳造用具や資料が減りつつありました。このような状況下で「天明鋳物伝承保存会」を設立。佐野の文化遺産として後世に伝えるために、佐野ユネスコ協会の支援を受けながら、その保護と後継者育成のための活動を行っている。その昔東の天明、西の芦屋と呼ばれたい物の産地で交流事業が続いてきましたが、今年度芦屋にての交流式に於いて、当社の別製鍾馗を贈呈しました。img001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です