五月人形の意味、由来を詳しく

初節句の男の子へ【五月人形】を買う人は?

初節句の男の子へ【五月人形】を買う人は?

五月人形や鯉のぼりは母方の実家から贈るのが一般的ですが、

 

地域によっては雛人形が母方、五月人形は父方の実家から贈る場合もあります。

 

 

 

近頃では実家から離れて暮らすご家族も増えましたので、

 

両家のご実家が相談の上で費用を折半することも多くなりました。

 

費用はご実家持ちで、選ぶのは赤ちゃんのお父さんお母さんというケースも増えています。

 

 

 

5月5日のお祝いは、男の子の誕生を祝い、幸せな将来と健康を祈ることです。

 

ですから、誰が買うかという点でトラブルにならないよう、

 

両家のご実家とお話しされて、赤ちゃんの幸せを一番に考えて親族みんなでお祝いしましょう。

 

 

 

 

 

次男、三男が生まれたら五月人形(鎧、兜)はどうするの

 

五月人形(鎧、兜)は生まれた赤ちゃんの代わりとなって厄災や不幸を引き受けてくれるために用意していただいています。

 

ですから、是非小さいサイズなど無理の無い範囲で、

 

その赤ちゃんの身代わりとなってくれる五月人形(鎧、兜)を一人一人に用意してあげられればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です