雛人形の意味、由来を詳しく

いらなくなったらどう処分すればよいのか? お雛まつり(雛人形)について・・・

いらなくなったらどう処分すればよいのか? お雛まつり(雛人形)についての質問

お雛様の処分については、皆さん普通の物とは、違うのでゴミに出せないとおっしゃいます。

お子さんの厄災を代ってもらったお人形の処分ですから、魂抜きをしてから処分する人形供養

が一般的です。

お住まいの地域の人形店や、人形業界の各団体にお問い合わせいただくのが良いかと存じます。

ちなみに佐野人形協会では、

10月第2日曜日を人形感謝祭として唐澤山神社三の丸にて行っております。

時間は、9:00~11:00の間が受付11:00から供養式を行います。護摩木にてお焚き上げをした後お人形を処理いたします。

当日の受付時間も短いものですから、事前受付を行っております。

当店でも、営業日でしたら、お預かりしておいて、代理にて供養いたします。

佐野人形協会規定により

供養料5000円(数には、関係ありません)

護摩木に供養者のお名前をいただき品物と一緒にお預かりし護摩木の焚き上げによって

神職の祈祷を受け供養していただく方法をとっております。

付属のケースやお道具などは、お預かりできません

こけしやぬいぐるみなど他民芸品などは、受け付けておりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です